コンプライアンス - 法令遵守

ダヴィンチパートナーズでは、コンプライアンスの実践を最重要課題の一つとして位置付けており、企業活動において求められるあらゆる法律や規則の遵守はもとより、社会規範などに背くことなく、誠実かつ透明性の高い企業活動を行っております。

 

こんな事は絶対にしません!
反社会的行為、違法行為・脱法行為に関与・加担・助長・幇助

反社会的行為については説明するまでもないと思いますが、違法行為・脱法行為の代表的なものとして、債権者交渉の代理行為、債務整理の代行、トラブルの仲裁、個人の債務整理の代理人等があげられますが、これらの業務を行えるのは、弁護士しかできません。

 

ダヴィンチパートナーズは弁護士法に抵触する行為を遂行する事はありません。

弁護士法第72条には「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」(原文)と定められています。

ダヴィンチパートナーズ合同会社は、この弁護士法72条に抵触しないよう、細心の注意を払い、業務を行っております。

 

仕事柄、銀行折衝などの場面で、どうしても立会いが必要な時がありますが、ダヴィンチパートナーズは代理人として対応する事は一切ありません。あくまで第三者の同席という形で、債務者企業の経営再建のお手伝いをしている経営コンサルタントとしての立場をわきまえながら同席しております。
クライアント企業様で、法律事務、債権者の代理交渉が必要な際は、必ず弁護士・司法書士を紹介しております。(弁護士会、法テラスなども含む)

 

資金繰り
店舗M&A